観光名所として残る岡山県のお城について、詳しく丁寧に解説するサイト『岡山県の城巡り』
観光名所として残る岡山県のお城について、詳しく丁寧に解説するサイト『岡山県の城巡り』

岡山県は古代、吉備文化の発祥地として栄え、造山古墳など多くの史跡が今も残っており、
中世時代に築かれた石山城などもあります。
そして戦国時代に入ると宇喜多直家が沼城から石山城に居城を移し、現在の岡山城の基礎を
築いたとされます。
その後も直家没後、家督を継いだ秀家が石山城の改修、そして城下町の整備を進め岡山城を
築城します。
このサイトでは岡山城をはじめ、岡山県にある城をいくつか紹介しています。
お城が好きな方もそうでない方も、岡山県に観光に訪れた際にはこれらの城を巡り、是非
ともその歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

ちょいCam http://choi-cam.com/
軽キャンピングカーの「ちょいCam」で楽しくお出掛け。
用途に合わせて4タイプからお選びいただけます。
軽自動車だって車中泊できちゃいます。

岡山県の名城

岡山城は、慶長2年(1597)、豊臣五大老の一人・宇喜多秀家が築城しました。

古代山城

唐・新羅の日本侵攻を恐れた朝廷は、早急に北九州から瀬戸内沿岸、畿内にいたる国土防衛の施設を築く必要があり、鬼ノ城もそれらの一つと考えられています。

備中高松城

高松城は備前国に通じる平野の中心、板倉宿から備中松山城へ至る松山往来沿いにあり、1582年の中国役の主戦場となった城跡として有名です。

沼城

撫川城は泥沼の地に築かれた典型的な沼城で、平面形状は東西に約85メートル、南北約55メートルの長方形をしています。

天守閣

天守閣は石垣からの高さが20.45メートルあり、2階建ての建物を3つ重ねており、三重六階の構造をしています。

地名の由来

鬼ノ城は、後世の文献である鬼ノ城縁起などに出てきます。