観光名所として残る岡山県のお城について、詳しく丁寧に解説するサイト『岡山県の城巡り』

●●●岡山城●●●

【岡山県の名城】

岡山城は、慶長2年(1597)、豊臣五大老の一人・宇喜多秀家が築城しました。
三重六階の天守閣は織田信長の安土城天守閣を模して築かれたと言われ、全国的にも珍しい
不等辺五角形の天守台をしています。
黒い下見板張りの外観から別名「烏城(うじょう」)とも呼ばれ、また金の鯱を挙げていたと
伝えられるため「金烏城」の名もある名城です。
国宝であった天守閣は戦災で焼失してしまいましたが、現在は復元されています。

【天守閣】

天守閣は石垣からの高さが20.45メートルあり、2階建ての建物を3つ重ねており、三重六階
の構造をしています。
内部には城主が生活をしていた「城主の間」があり、全国的にも珍しい天守閣でした。
現在の天守閣は昭和41年に復元されたものです。

【城門】

岡山城には数多くの櫓や城門がありましたが、明治時代に石山門を除いて取り払われており、
その石山門も空襲で焼失しました。
現在見ることができる不明門、廊下門は天守閣と同時に復元されたものです。

【石垣】

岡山城の石垣は、野面積、算木積、打込萩が見られます。
中でも古式の野面積は全国的にも珍しい貴重な文化遺産です。